最近トラベラーズギターというジャンルの小さいギターを買いました。Lap Axe(ラップアックス)というギターです。僕が個人的につけた名前は、ウッディです。フローリング・ウッディ。フローリングのような木目と色なので。

11221086_814394785314300_284342612_o ほら。ウッディ。フローリングな。

11126498_814400681980377_2038982265_nほらピアノのこんな所に乗ってるよ。

11212362_814400685313710_339829394_nあらやだJCのこんなところにまで。

11262312_814400695313709_1879576970_nギタレレと比べても。(ギタレレはテナーウクレレとおんなじぐらいのサイズ)

1428251557475

1430146920344僕が弾くとこんなサイズ。

 

なんでこんなギターを買ったかというと、僕は今長野や岐阜や東京、神奈川等色んな所へ行ったり来たりしてます。でかめのバックパックと普通サイズのギターを持ってバス乗り電車乗り東京の街を歩き回り、もう嫌になりました。

ある時楽器屋の前を通りかかったら、小さいエレキギターが置いてあるのが見え、こういうのいいなと思いたち、かと言って大体のトラベラーズギターは音がしょぼいのでなんか良いのないかなとネット検索しまくったら見つけました。

シンガポールのメーカーです。なかなか日本で取り扱っておらず写真や、サイトの説明文しか見てなかったのですが、一目惚れ。音も良い音しそう!って直感しました。最低でも普通の音が出れば良いって思い、ほんとに買っていいものか数週間悩み、直接メーカーに問い合わせてみたり、全然連絡取れなかってみたり、日本で代理店を見つけてみたり、決心してそこで僕の欲しいモデルを作ってもらえるようメーカーに頼んでもらったり、リボ払い設定したり、バイトしたり、実際届く商品の写真を送ってもらって見てみたらこれ頼んだやつと違って明らかに在庫で残ってたやつだろって不安になったり、もうしょうがないなと諦めて送ってもらっていざ届いたらやっぱり欲しいのと違うやつだったんだけど、これはこれでかっこいい!!最高!!っとなり、それからというものウッディと僕はいつも一緒です。

他のギター達に申し訳ないです。最終的にはみんなの元へ帰るので。今はウッディと一緒にいたい時期なんだ。

どこでも練習できます。サイズ的にもそうだし、エレキだから生音はほぼ無音なのでドトールとか高速バスの中とか。しかもバレません。小さいから。

ライブで現場入りする時、「ギター持ってきてないかと思ったぁ!」って言われるのが快感です。

そしてウッディは運気上げギターです。ライブ回数増えてきました。岐阜でも仕事ゲット。

まだ認知度が低いので、簡単にLap AxeのCEOと繋がりを持ち、僕の動画を送りまくってる段階です。目指せ!!Lap Axeがスポンサーにつく日!!

あっ音はこんな感じです。聴いて下さい。うまくウッディが写ってないけど。
赤須の名曲[Longway Trip]小森剛と

There is no greater love

Afro Blue谷川創一さんと。

どうでしたか?僕は愛してます。
というかよく僕のブログなんか最後まで読みましたね。あなたは変わり者とよく言われますか?類は友を呼ぶですね。

それではまたいつか。

IMG_20150411_143036-2

広告